金沢ロードレース2016(石川県西部緑地公園陸上競技場)


金沢ロードレース2016(石川県西部緑地公園陸上競技場)

『金沢ロードレース』は、
石川県西部緑地公園陸上競技場(石川県金沢市袋畠町南136)を
受付会場・スタート地点にして行われるマラソン大会です。

この大会は、ハーフマラソンの他、10km、3kmの三種目があります。

▼2016年大会の募集定員
種目定員
ハーフマラソン [公認コース]2000人
10km [公認コース]1500人
3km1000人
TOTAL合計4500人

ハーフマラソンの定員が2000人、10kmの定員が1500人3kmの定員が1000人と、
全種目合計4500人ものランナーが、一斉に金沢の犀川下流域を走ります。


▼受付のある石川県西部緑地公園陸上競技場の地図


ハーフマラソンのコースは、石川県西部緑地公園陸上競技場をスタート地点にして、
西部緑地公園の外周道路を一周し、古府西の交差点に出て、古府橋を渡り東方向に、
犀川沿いに平和道路を走り、大豆田大橋まで東進します。

大豆田大橋を超え、中橋の交差点で左折。金沢港線を直進し、寺中交差点で左折。
赤土大橋を超え、専光寺を超え、福増町南交差点で左折し、さらに1ブロック先で左折の後、
右折して安原中央橋を超え、上安原中央交差点で左折。そして、みどり交差点で右折。
西部緑地公園の外周道路に出て、最後は陸上競技場まで戻ってゴールです。

前半は犀川流域を通り、後半は西金沢方面を巡るコースで、
高低差も少なく、初心者にも走り易いコースと言えます。


また、レース終了後には、グルメも楽しめる大会となっています。


▼2015年の第30回金沢ロードレースの様子(動画はyoutubeより)


「金沢ロードレース」は例年、3月中-下旬の日曜日に開催されます。
(※2016年の「第31回金沢ロードレース」は、3月20日(日)<雨天決行>の開催予定です)



2016年の「金沢ロードレース」の概要や詳しい日程等については、
金沢ロードレース 公式Webサイト」をご覧下さい。

また、「公式パンフレット」や「コース図」、「開催日程」、「アクセス」、
「宿泊施設情報」などは下記をご覧下さい。

       


<特記事項>
なお、この大会では、会場への無料シャトルバス等はありません。

▼本大会におけるホテル等の宿泊予約については、文末をご参考下さい。


「2016年の第31回金沢ロードレース」の開催日程

「金沢ロードレース」の開催日程は、2016年は3月20日(日)<雨天決行>です。

石川県西部緑地公園陸上競技場にて、受付が6時55分-7時35分に行われ、
開会式が7時40分-に行われ、ハーフマラソンスタート時刻は8時20分-となっています。

▼スタート地点となる石川県西部緑地公園陸上競技場


「金沢ロードレース」のアクセス方法(駐車場情報)

アクセス方法は、会場周辺には、駐車場(2600台)はありますが、数に限りがあるので、
なるべく、公共交通機関等を利用して、会場まで来られる事をお勧めします。



普段利用できない月極駐車場の空き区画や個人駐車場を借りて、安価で駐車できます

電車では、JR金沢駅より、西口バス7番乗場より北陸鉄道バス「下安原」行き乗車。
約20分で、「袋畠西武緑地公園前」で下車し、徒歩2分です。(片道290円)


▼最寄駅のJR金沢駅(港口、旧西口)


▼会場までの地図等は、文末をご参考下さい。


「金沢ロードレース」のホテル・宿泊施設情報

「金沢ロードレース」は、2016年は3月20日(日)の開催です。

当日は、特に朝が早いレースですので、当日にゆとりを持ってスタートしたい方は、
会場近隣や(路線バスの出る)JR金沢駅の周辺で宿泊予約をされると便利です。


下記は、金沢ロードレースの受付会場・スタート地点となる
石川県西部緑地公園陸上競技場と、さらに周辺の宿泊施設を示した地図です。

ホテル予約の参考にどうぞ。


<参考:金沢ロードレースの宿泊施設について>

受付のある石川県西部緑地公園陸上競技場周辺やスタート地点の石川県西部緑地公園陸上競技場周辺では、
比較的ホテルも多く、早めに予約すれば、宿泊可能と思われます。

したがって、道後温泉で宿泊したい方は、前日宿泊も、十分出来る範囲内です。
また、マラソン終了は16時ですので、後泊で道後温泉に宿泊される方も多いです。

そのため、下記では、受付・スタート会場に近い松山城周辺の宿泊施設のほか、
道後温泉周辺の宿泊施設も、併せて掲載しております。


 



▲ページTOPに戻る


タグ

カテゴリー:マラソン大会(一般)

あなたも取得できる!ジョギングインストラクター3級資格\(^-^)/